2013年06月11日

あちらに引っ越します。

またまたまた、ほったらかしだったナマログですが
私がやっております会社のblogの方に統合しようかと思います。
アドレスはここ↓
http://loopeng.seesaa.net/
いったり来たりですみません。
あちらでコツコツやって行きますんで。

宜しくお願い致しますm(_ _)m
posted by なま at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

良い天気ですな。

picsay-1333352788.jpg

一日引きこもっているのもなんなんでカブ号で外出してみました。
場所は久里浜火力発電所の裏手。
東部産業って会社があったと思ったんですが、気が付いたら更地になっていて
パシフィックホスピタルの駐車場になってました。
折からの不況で倒産したのでしょうか・・・倒産コワイ・・・

この天気のようにいつでも晴ればれならいいですな〜
posted by なま at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

うなぎ

ご無沙汰しております。
ナマログ管理人 なま です。

昨年2月に止めて、9月に再開を宣言して
また半年放りっぱなしのナマログです。

twitterやらfaebookやらなにやらと
あちこちに手を広げていたら
ほったらかしになってしまいました。
一番動いているのはつぶやきですかね。
リンクできればいいのだけど。

以前なんで止めたかってーと
このblogを見て仕事関係の方からとやかく言われた事があったので
止めたって経緯があったのですが、もう見てないだろうし見ててもいいや的な感じで。

というわけで、気が向いたら更新して行きま〜す。

人間、どこかに自分のなんかを残したいもんなんですかねぇ・・・


picsay-1333270257.jpg

というわけで、今日は「うなぎ」です。
文庫の「鰻松」というお店に。

モーニングにラズウェル細木さんて方が「う」ってマンガを描いているんですが
これ読んでると食べたくなるんですね〜

稚魚が不漁だというニュースも手伝って
どうしても食べたくなってしまっていました。

ベイサイドマリーナに買い物に行ったついでに寄った鰻松でようやくあり付いたんですが
「う」で食べてたのが関西系の歯ごたえばっちり版だったので
おいしいんだけどちょっと物足りない感じ・・・

名古屋に出張とかないかな〜なんて、あるわけないんですけど。

近々にリベンジをしたいっす。

posted by なま at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

肉そば

お久しぶりの更新です。
ナマログ、突然ですが再開します。
あっちこっち行くのが面倒になったといいますか・・・

で、肉そばです。神保町のけいすけにて。

picsay-1317399615.jpg

もやしを追加するとこんな感じで出てきます。
俺、モヤシとご飯だけで行けるかも、、、ってな感じです。
いよいよ厳しくなったらソレですね。

1317399701-picsay.jpg

おやつに食った麻布十番のたいやきくん
皮はパリパリ、あんこたっぷりです。


ひさびさの更新で食べ物だけ、ですみませんです。。。
posted by なま at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ゲットだぜ!

pikka.jpg

昨日ヨドバシカメラでゲットしてしまいました。
テプラ、、、意外と高いんですよね。
これ、子供向けデザインだからかなぜか2980円で売っていたのです。
それも限定3個!なんか半端・・・

ほんとに限定3個か判らないけどとりあえず同等のテプラが定価7〜8000円
はしそうなので、勢いで買ってしまいました(^^;

私の周辺の物体には今後、ポケモンが貼られていく事でしょう。
なんせ200種類くらい、絵文字?がありましたんで。
しばらくは不足しそうにないです。

ポケモン、ゲットだぜ!!

posted by なま at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

またまた石巻へ

ishinomaki2.jpg

またまた、石巻へ来ています。
震災直後、4月の頭に一週間、で今回
三度目の石巻です。

今回はちょいと短めですが、親戚の厄介にならず
テント暮らしをするという事が条件。

で、西伊豆以来久々のテント暮らしをしております。

いや、なかなか快適ですよ。

今居るのは石巻専修大学の敷地内に間借りしている
石巻災害ボランティアセンターというところ。
あたりには長期短期、個人団体さまざまのボランティアが100張りくらいテントを設営してます。

朝6時に起きて、朝飯食べて、8時半にボランティアセンターにニーズを確認し、現地に9時半頃。
そこから3時頃まで泥だしや家具運びなどの手伝いをして、センターへ戻ります。
で、リーダーは簡単に報告をして終了です。

あとは、晩で10分の上品の郷の温泉に入りに行き
晩御飯を食べて22時には寝てしまいます。

非常に健康的な生活です。

なんか、こんな暮らしもいいなぁと思いますな。
必要最低限のお金を稼いで
ボランティアして
また稼いで。

いろいろ、考えますね〜

被災地の復興?
まだまだですよ。

偉大なるヒマジン達よ、レッツチャレンジ!
ご案内しますよ〜
posted by なま at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

ラクダ、吊られます

rakuda.jpg

お疲れ様です。
今日は休日。

勢いで、ラクダ君が吊られています。

前後輪無いです。

というわけで
タイヤ交換してきます。

あまりにひどい溝、、、

posted by なま at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

あれから一か月

あっという間のひと月でしたね。
みなさんどうお過ごしでしたか?
私は石巻に行っている時以外はあまり何して過ごしていたか覚えてないのですが
なんとなく、思い出して打ってみようかなと思います。
自分の備忘録として。

久々の更新ですが
長いのでスルーして下さい。

まずは1度めの石巻訪問(通信途絶に伴う状況確認)です。

3/11

某Y西ビルの地下で本震を感じ「このビル古いぞ!つぶされるんじゃないか?」
とか思った後脱出、街はビルから飛び出した人々であふれていた。
会社に戻れば、テレビではあの津波映像。
何かパニック映画を見ているのかと勘違いするような現実離れした映像。

停電している自宅に帰宅するとお客様から連絡があり現場へ。
今は避難所となっている川崎の体育館で復電操作をして帰宅したのが3時前。

3/12

週末に跨いでいた現場が中止となり、同僚の協力で日程も空けられたので
燃費と被災地の荒れ地を考慮し、Y澤のセローを借りて
トイレットペーパーと水と少しの食料と予備ガソリン5Lを持って出発。
東北道が全て通行止めと言う事で、通いなれた庄和経由で新4号へ向かう事に。
出発した時はガソリン不足なんて考えてなかったのだが
埼玉の国道16号で給油しようとしたら既に売り切れ。
挙句吉野家では「米が無くなり営業終了」と。翌日の首都圏ですら物資不足の予感。

宇都宮でなんとか5Lだけ給油出来たが被災している郡山でガレキを踏んでパンク
ビジネスホテルはガラスや内装が壊れ営業休止が目立ち、逃げ場が無い。
深夜になり気温は2℃を切っていて、申し訳ないと思いつつ駅前の避難所の隅を借りた。
ミイラ取りがミイラとは良く言ったもの。申し訳なくて部屋の中には入れず
廊下の隅で暖をとって寝た。

ちなみに、矢板あたりから北はほとんどの地域で断水。
コンビニも閉店が目立ち、開いているところは義務感でやっているという感じで
店員のおばさん達も頑張っていた。

3/13

5時半頃目が覚める。歩いてガソリンスタンドを周りパンク修理材は無いかと聞いて回ると
駅の裏にホームセンターがあると聞く。
パンクしたセローを1キロほど押してビバホームの駐車場に開店1時間前に到着
でも、店は「地震により休業中」との張り紙。もうだめかなと諦めたが
バイクも動かず、鉄道も動かず、交通手段が無ければ進みも戻りも出来ないので
とりあえず待ってみる事に。

待つ事1時間、何か要請があったのか危険な所を除いて開店するとの事。
気が付けば自分の後ろには大行列が出来ていた。
灯油も水も少しずつだから販売する、ある物は放出すると何度も放送。
天井が壊れたりして危険なエリアは店員が取りに行くという事で開店。
パンク修理材を余計に買い、空気入れと20L入りのガソリンタンクも購入。
パンクを修理し、もしガソリンを予備タンクにまで入れられたら前進
無理なら撤退を考える。

旧4号のスタンドでかろうじて10Lを給油出来た。
セローの燃費が現状焼く35Km/L、予備の10Lと満タン10Lでとりあえず600Kmは走れる。
11時過ぎ、前進を決意し4号バイパスを北へ
二本松でもう一度ガソリン行列に並び、6L,約1000円分を給油。
福島を過ぎる頃にはどの行列の先も「品切れ」の表示。
おそらくこの先は一切ガソリンは給油出来ないのかなと思いつつ通過。

伊達市に入ると信号も消えて、いよいよ被災地域の中心に入るのかなと思う。
見かけるスタンドはやはり行列だらけで、もしかしてと覗いてみてもやっぱり先頭では「売り切れ」
諦めながら北を目指す。

途中6号線との合流の信号は点いていた。ポータブル発電機で給電していたよう。
この先は原発被害で途切れてしまっているのだなと思いつつ通過。

岩沼消防署には泥だらけの救急車がひっきりなしに海側に向かう。
ここから海側に1kmも行くと例の大津波の被害地域。仙台空港も近い。
もう二日が経つが、自転車や泥だらけの車が行ったり来たり。
どうなっているのだろうか、恐ろしくなった。

苦竹JCTから国道45号、三陸道へ入り東へ向かう。ここの公衆電話で関東圏へ最後の連絡。
電話はまったく通じないので、状況が判らないが45号はあちこちで寸断されているらしい。
多賀城まで来ると45号まで津波被害にあったようで、潰れたり変形したりした車達が
片付かない子供のおもちゃのように道路に散乱していた。
4車線の国道がくねくねと1.5車線しかない。そして道路も泥だらけ。皆自転車で移動している。

多賀城を過ぎて塩釜に入るとNTT塩釜局の前くらいから道路が水没。
一旦顔を出している部分があったので、そこまで水の中を進んでみると
道路端のおじさんが「ここから先はバイクでも無理だよ。1m以上水に浸かってるから」と。
諦めてまた水の中を走り、線路の山側へ迂回する事に。

街の中で通れる所を探しながら走ると、「浦霞」の文字が。
宮城の銘酒、「浦霞」の本社前に出た。
浸水で入った泥をかき出す従業員。いろいろな所で影響が出るのだなと実感する。
東塩釜の街はマリーナから流れてきたクルーザーが街に転がる程の被害。
道路もめくれあがり、あちこちで片付けようにもどうすればという住民の顔が見える。
松島方面へ向かうとまた45号は寸断。利府街道へ迂回する。

成瀬川の土手に出ると土手の内側にはがれきが散乱していた。新型のプリウスが川の中に
沈んでいる。まだ不明者の本格的な捜索が始まっていない事を考えると背筋が冷える。
川沿いの海側、野蒜付近では仙石線の列車と連絡が取れないとの事。おそらく流されてしまったのでは。
川を渡り東松島市へ入る。国道は流されてきた葦が引っかかったのか山積みになっていたまた寸断。
矢本駅の裏あたりから45号に戻れたが、街の中は泥だらけ。自衛隊の車が大量に走り回っている。
陸前赤井駅のあたりで自衛隊にこの先は通れないと静止された。また迂回が必要なようだ。
河南方面へ向かって旧北上川の手前で石巻線の鹿又駅方面へ向かう。
給水車や電気工事のバケット車が走り回る。ライフラインはいまだ復旧しない模様。
戻った45号は天王橋の手前が崩れていて通れなかったが、橋は無事で旧河北町内へ入れた。

土手沿いを桃生方面へしばらく向かうと母親の実家・五十五人へ到着。
土手の川側には津波の跡が見えたが、土手裏の家は無事。
突然現れた前進黒ずくめのライダーを不審顔で迎える叔父はこちらがメットを取るとびっくりしていた。
母方の家は納屋の屋根が一部壊れたが、特に崩れたとかそういう事も無く全員無事を確認。
ただ、叔父は石巻で津波に巻き込まれ、近隣のビルの2階へ避難し一晩帰れなかったとの事。
流されなくてよかった。

ここから父方の実家へは15km程、トイレットペーパーと水を置いて皿貝へ向かう。
飯野川の先、新北上川沿いの土手は津波を被った跡があり、相野田から旧北上町方面は通行止め
これをさらに東に進むと神割崎を経由して南三陸町となる。なにも無くなってしまった町。

ainoda2.jpg

相野田から山へ入りしばらく走ると海の様な光景が。
田んぼが海から入って来た津波を被り水没してしまったようだ。
道路はかろうじて顔を出しているが、道路のふちが波打ち際のようになっている。
信じられないような光景。潮の香りと泥の臭いが混じったようなにおいがただよう。

ainoda.jpg
↑ここは本来一面の田んぼなんです。しばらく使えないな・・・

しばらく走ると見なれた田舎の風景。父方の実家、皿貝・松ノ木へ到着。
バイクの音を聞いて出て来た叔父さんと従妹が出迎えてくれた。
やはりフルフェイスで全身黒ずくめなので、こんにちはと言いつつ「誰?」といった顔。
メットを脱ぐと「あれ、横須賀から来たのか〜?」と安心した顔をしてくれた。
従妹に至っては泣きだしてしまった。不安定なのだろう。

トイレットペーパーと水と電池を手渡し家の中へ。小さな余震はちょくちょく来ていたが
掘りごたつの熱源を電気から急遽七輪の炭に変え、ガスはプロパンが生きていて
水も裏の山の湧水でなんとかなっている家は電気と電話が無いくらいでそこそこ平気だとの事
ただ、従妹が石巻に勤めていてやはり一晩帰ってこれず、心配な夜を過ごしたそうだ。
寝たきりのおばあちゃんも元気だと事。叔母さん曰く「こんな時に他に迷惑かけてはならんと
おばあちゃんも頑張ってんだ〜」と。頑張れちとみ婆さん。

安心したのか地震以来飲んで無かった酒を叔父さんも飲み、自分も普段350mlも飲まない家ビールを
500ml3本も空けてしまった。疲れていたのか。
夜は大きめの余震があったそうだが、なんにも気づかず朝まで爆睡。

3/14

翌日は従妹の出勤後に早々に現地を後に。
通信の出来る所まで出て親戚に状況を伝えないと。

その前に、偶然皿貝のお隣さんだったY澤の妹の義父母のお宅へ伺い
仙台市内にいるY澤妹夫妻の無事を伝える。
500km離れた仙台と横浜は通信出来るのに、50kmしかない仙台と石巻が
通信出来ないのだから困ったもんだ。

ガソリンを確認し、親類の(少なくとも表面的は)元気な写真を撮り
関東の親類へ状況を伝えるべく、再び出発。

国道45号を南下し、石巻へ
連日ニュースに出ている石巻赤十字病院が見えてきた

nisseki.jpg

病院付近も津波が押し寄せたらしく、周りの田んぼはほぼ全て水没している。
これは田植え前の水引きではない、潮の香りのするそれはやはり海水だった。

蛇田の交差点まで来ると路肩に大渋滞が。
ここから市街地方面はほぼ水没しているようで、大型の仮設ポンプで水を定川へ汲み出していた。
さらに仙台方面へ仙石線のこ線橋を渡ると、仙石線の線路は水没していないからか
線路を歩く人を多数見た。
定川の橋を渡って市街地側に入ってみたが、昨日見た多賀城と同じで
車が石ころのように転がっていて、人々は皆放心してしまったかのような表情で
焚火を見つめていたり、町の方を見ていたりしていた。
これが石巻なのか、なんだか信じられない光景だった。

しばらく進むと従妹の勤める免許センターの看板が
様子を見に曲がってみたら、先に出た従妹親子と友人の3人に会った
日赤病院から先、大渋滞で車が進めなかったので置いて歩いて来たとの事。
この後免許センターの中に行ってみるらしい。
お互い気をつけてと声を交わして再び西へ。

再度45号に戻って赤井のあたりまで来ると今度は陥没だ
道に大きな亀裂が入り、水で満たされてしまっている。

akai.jpg

水道管破裂と海水の浸水、バイクでは通れそうにない。
また、一本裏の広域農道へ迂回する。

まだ水が引かず、水没している道路だがなんとか通れそうだった。
皆すそをまくって歩いている。車も危なげだが走っている。

suibotu.jpg

こんな所が市街地にはもっとたくさんあるのだろう。
地盤沈下の影響もあるのだろうか。

ブルーインパルスで有名な谷本まで来た。
今度は国道が流されてきた葦や枯れ草で埋まっている。

yamoto.jpg

途中まではセローで走れたが、乾いている葦はふかふかで
あまりに分厚い層の所は通れそうにない。しばらくまた迂回だ。

成瀬川まで戻る手前、矢本航空隊の消防車が流されていた。
ここまで何キロあるんだろう。津波の威力は本当に大きい。

成瀬から松島へ向かう。
途中、津波警報が発令されたと消防車が走っていた。
慌ててパノラマラインという山に登って様子を見た。
結局誤報だったようだが、こんな事がしばらく続くのだろうか。

山を降りると松島海岸の駅の先へ出た。
小さな郵便局の前には流されてきたボートと赤いカブと郵便屋さん。

yuubin.jpg

もしかして、もう郵便は回復されているのですか?と尋ねると
「いや、トラックが来ないので復旧はまだです。今出来る事だけ、ある分だけ配ろうかと。。。」
こんな状況でも職務を放棄せず自分の出来る事をやろうとしている郵便屋さんに
なんだか涙があふれた。

「頑張って下さい。気をつけて」ひと言が精一杯だった。

なんだか、俺は何をやってんだろうなと思った。
早く、連絡出来る所に戻って皆に状況を伝えなければ。

また、道路が海水で分断されていた。
東塩釜あたりまで来てるのだろうか。

sio1.jpg

行きの塩釜はかなりやられていた。また利府街道あたりまで奥へ戻り迂回する。

塩釜まで出た。昨日と違い今日は人が少ない。まだ片付けに出てきている時間では無いのだろうか。
仙石線の高架沿いを走るR45を走る。ガレキだらけだし、途中道路が分断されている所もある。
やはりオフロード車で来て良かったと思う。

向かいからスズキジェベルがやって来た。
どちらともなく近づくと「どちらへ向かうのですか」とお互いに声を掛ける。
彼は多賀城から来て、登米の方へ向かっている様子。
野蒜に親類が居たが無事だったとの事。
野蒜は仙石線が流される程の被害があった奥松島。
そうとうだったのではと思ったが、それが判ったのは二度目に来た時の事。

お互い、気をつけてと声を掛けまたその場を離れる。

多賀城まで来た。西塩釜付近は水没していてまた迂回する。
行きに苦竹を出て多賀城付近で衝撃を受けたが
一日経っただけで道路が1車線から2車線になっていた。

tagajo.jpg

回復力のすごさというか。おそらく自衛隊の作業なのか。
地元の方と思われるユニック車でも車をどかしている人が居た。
とりあえず車とがれきをどかして道路を作った様子。
道路が出来れば救援車両も通りやすくなる。早く回復して欲しい。
、、、どうしても他人任せになってしまう思いの悔しさがここでも。

多賀城を抜けてしばらく走ると苦竹に着いた。
手前のスタンドでは行列の先端でポンプを手動で回して給油しているスタンドがあった
あるだけしかないだろうに、要求にこたえようと頑張っている。
みんな、がんばっている。

苦竹から4号に戻りしばらくすると通信が回復した。
サンクス若林点の駐車場で公衆電話の受話器を上げてみたが
電話局のバッテリーが切れたのか、BTもDTも聞こえない。
自分が受話器を置くと次の人がまた上げた。
その人も諦めるとまた、次の人が上げた。
「だめみたいですよ」というと「そうですか・・・」と残念そうに立ち去って行った。
こんな時、激甚対策地域だったら10h設計なのにと思ったが
仙台はどうだったのだろう。きっと3h保持設計だろう。
こんなに、長時間停電するなんて都市機能は想定していないのだ。

ここで皆に一斉メールで自身の無事と親類の無事を連絡した。
次々に返信が入る。なんだか「つながった」気がした。
依存症なのかもしれないが、これが現代人の現実なのではないだろうか。

Y澤の妹の電話番号を聞いたので、そこにも電話をして
留守電に義理の両親家族の無事を伝え、また仙台の妹夫妻の無事を伝えた事を録音した。
まだ電話はなかなかつながらない。携帯だからか?
固定電話でのキャパシティが破たんしかける災害時に携帯のキャパがオーバーしないわけがない。

続けて連絡を取っていると、50ccのジャズかレブルか何かに乗った高校生くらいの少年が話しかけてきた。
「ゆりあげ(閖上)はどうやって行けばよいのですか?」と尋ねられ
「ゆりあげは、津波でやられてしまっている。どういう状況かわからないけど・・・」と答えると
「はい。友人が被災して連絡が取れないんです。避難所を探して回ってみようかと」
と、別に暗い顔をしている訳でもなくむしろ明るい顔で話していた。
行きに見かけた看板がこの先にある、そこを曲がれば閖上地区だと思うよと伝えると
笑顔で「ありがとうございました!」と走り去って行った。

なんだろう、いちいちなんとも言えない気分になる。

探すしかないんで!と割り切ったような彼の表情がなんだかすごいなと思った。
彼はその後友人に会えたのだろうか。会えている事を願う事しか出来なかった。

気が付けば昼過ぎ、今夜中の到着が危ぶまれる。
状況の報告という目的は達したが、帰還しなければ完遂ではない。
今日中の到着を目指しR4南下をつづけた。

途中、東北本線の福島県境手前、越川駅では行きにも止まっていた貨物列車が
静かにカーブの駅に止まったままで居た。
この列車は次にいつ動き出すのだろう。まったく先が見えない。

福島県に入り伊達市を過ぎるとようやく信号が回復した。
かえってペースが落ちるかもしれないがまぁ、安定した交通の方が安心といえば安心だ。
そのまま南下をつづけた。

市内に入るといわきナンバーの車が増えた。
市内の交差点を曲がると相馬へ向かう。きっと浜通りから避難してきた車だろう。
この先こういう車が増えてくるのではと思っていたらまさにそのナンバーが行きより増えていた。
福島はどうなってしまうのだろうか。

がけ崩れで寸断された4号南福島付近を旧道で迂回し、バイパスへ戻る。
しばらく走ると父が単身赴任時に連れて行ってくれたとんかつ屋さん「かつ亭」があった。
贅沢と思いつつ、生を実感する為だとか言いながら遅い昼食にする事にした。

メニューは一部限られていたが、大概の物は頼めた。
ロースかつ定食を頼み食事をしているとまた大きめな余震が来た。
店内がざわつく。
が、気にしても仕方がないのでそのまま食べ続けた。

食事を済ませ、再出発しようとすると
軽自動車のあんちゃんから声を掛けられた。どうやら従業員らしい。
「横浜ナンバーですけど、横浜から来られたのですか?」
「もう少し南の横須賀です。神奈川から来ました」と。
そして、横浜に妻の実家があるのだが、これから移動できるか?ガソリン等の状況はどうか?
道はつながっているのか?等を聞かれた。
また、ガソリンは今から入れに行くとの事だった。
「ガソリンが無いのなら今はじっとしていた方がいい。どこへ行っても給油など出来ない。
 電話で連絡が取れ、どうしても今行かなければならないのでなければ時を待った方がいい」と伝えた。
自分自身もどこまで戻れるか判らない状態だったし、現状ガスがないのなら
家でもなんでもない所で立ち往生してしまう。それよりは今の所に居た方がいいよと伝えた。
そうですか、ありがとうございますと彼は笑顔で感謝を述べた。

今、福島が原発でいろいろ騒がれている事を考えると、もしか彼には幼い子供が居て
一刻も早く移動したかったのか、いろいろ考えてしまうが
あの時点では無理に移動しても立ち往生するのが関の山だっただろう。
今はそう考えるしかない。

往路の夜復旧工事があちこちで行われていたが
帰りは明るかったので周りの状況が判った。
かなり陥没している所もあるが、とりあえず片側だけでも復旧工事をしている。
東北道が自衛隊や警察の緊急車両のみ通行可な状況を考えると
片側の復旧だけでもありがたかった。いつも道路工事に迷惑顔して申し訳ないなとふと思った。
この気持ちはいつまで持続出来るのかな、とも思った。
いずれにせよ、緊急復旧工事に感謝である。

福島から白河、那須、矢板と移動したがまったくもってスタンドが開いていない。
行列があっても先頭は閉店だ。
20Lの予備タンクを那須のあたりで使いきった。あとは5Lのサブタンクがあるが
セローが満タンな訳でもなく、残りでどこまで帰れるか不安になる。
ま、不安がっても仕方がないのであまりアクセルを開けないようにして低燃費走行を心がける。

19時を回り、宇都宮まで来て新4号に入った。
こちらを走れば信号も少なくアベレージを上げられるが、いかんせんガソリンスタンドが無い。

途中T井と連絡を取り神奈川のスタンド情報を聞くが、あまりいい状況じゃ無さそう。
「ガソリンは途中で入れてこい」との連絡。
「どこ走っててもガソリンなんざ売っちゃいないよ」と俺。
「いいからなんでもいい、途中で入れろ。横浜では無理!」とT井
どうにも無さそうなので、50号と交差した所で進路を西へ
旧4号へ入って南下する事にした。
するとなんと、しばらくしてセルフのスタンドの行列が
並ぶ事20分程だろうか、セローを満タンに出来た。
予備タンも、、、本当はいけないらしいのだが満タンにさせてもらった。
この先しばらく入れられる保証がない。自宅周りでもそうだろう。
入れられるときに入れる。。。これも買占めか?やはり自分も同じだと思いながら
背に腹は代えられんと満タンにさせてもらった。
エルグランドやクラウンを満タンにするよりは、少ないだろう・・・と言い訳をしてみる。

あとは快調に南下する。
途中、古河や東武動物公園のあたりはまるで深夜の様に暗かった。
停電している所もあるのだろうか。ガソリンがないから車も出ないのか
交通量もほんとうにまばらだった。車が多い所は確実にスタンドだった。

眠くなり休憩を取りながら首都高、入谷へ到着。
眠い、ひたすらに眠い。
行きは良くも悪くも郡山でアクシデントにあったおかげで
休息も補給も出来たが、帰りはどこに寄るでも無い。
翌日の出社を決めていたのでひたすらくだる。

湾岸線の浮島であまりに眠く、少々休憩をした。
また、走り出したのだが・・・ここで記憶が一瞬途切れる。
次の瞬間激痛が走り、セローのフロントが大暴れした。
どうやら壁にぶつかったようだ。
なんとか転倒は免れたが左足に激痛が走る。

バイクを止めて左足をおそるおそる降ろしてみた。
激痛だが、若干体重を掛けても大丈夫そうだ。
折れてはいない、折れては。強打しただけだ。
呼吸をわざと荒れさせ意識を拡散して、止まってても仕方がないので走り出した。
周りを見るとどうやらJFEの原料ヤード付近らしい。
以前、気が付いたらここで足をついて止まっていた事があった。
どうにも多摩川トンネルからファズのあたりは眠くなりやすいらしい。

集中すると足が猛烈に痛くなるので、大声を張り上げて何やら歌った。
何を歌ったかは今は覚えていないが、とにかく大声をはりあげ呼吸を荒げ
意識を痛みから違う所へ振ろうとした。
そうこうしているうちに自宅へ到着。
バイクは止めたまま、深夜だが玄関へ這って上がっていった。

そのあとはあまり覚えていない。泥のように朝まで眠った。

なんとか到着は出来た訳だ。


3/15

翌朝、足が痛いので車で出社。
社会人としての常識が無いと言われ、常識ってなんだ?自分は何なんだ?と。
(追記:今思えば、言った人にも「立場」ってもんがあるのでしょうけどねぇ・・・)

いろいろ見てきてショックだったからではないのだろうが
やはり、というある種の決心みたいなモノが出来た。
(追記:はい、ぜってー辞めるって決めました)

11日の午後から、15日の朝まで
あっと言う間の80時間だった。


疲れたという思いはあまりなかった。
でも、今自分に出来る事って何だろうと考える事が出来る「旅」ではあった。

3/11・・・東日本、いや日本中が何か変わった一日だったかもしれないが
自分自身も何か、変わった、変わらなければという日になったかもしれない。


〜追記〜
2012/4/6
とかなんとか言っちゃって、その後転職?独立したくらいで
あいかわらずgdgdでなんも変わってないオレ。
ま、受け入れるしかないよね〜みたいな。
原発も再稼働しはじめるとかなんとか。
今自分で出来る事っちゃー、お客様からのオーダーをなんとかする為に頑張るのが精一杯。
方向性ってものを考えながら日々を生きなきゃいけないっすねー

posted by なま at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

関東大雪の日

kantou ooyuki.jpg

今日の関東は大雪です。
スタッドレスがうなります。楽しい楽しい。
ヨコヨコも通行止めです。
ま、一般道も交通量が激減なので気になりません。
坂に登ればうち捨てられた車たち。
いやー、スタッドレス買って良かった!と思う瞬間です。

ナマは喜び半島駆け回り、ですな。
posted by なま at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

雪国

yukiguni.jpg

積雪20cmです。
表の林道はもっと積もってるかな。

まずは車を雪かきしないとね。

posted by なま at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

初旅2011

2011-01-03 15.03.38.jpg

新年あけましておめてとうございます。
今年もたくさん旅をしたいと思います。
貧乏旅でもいい!ついでの旅でもいい!

初心に帰りたいと思います。

さて、これからプチ旅です。
午後から日帰り北関東(の、方)の旅です。

行ってきまーす。

2011-01-03 15.45.24.jpg

久々の新幹線はMax。
隣には開通したての新青森行きはやてが並んでます。

DSC_0524.jpg

ってか、Uターンラッシュ激しいですね。
東京駅に到着する列車から降りる人の山、、、

変わってこれから乗る下りMaxたにがわはガラガラです。
快適

2011-01-03 15.44.57.jpg

E2もE4もE5に駆逐されていずれは廃止になっちゃうのかな。。。

DSC_0525.jpg

で、熊谷から行田までは秩父鉄道の1000系=旧国鉄101系
現存する最後の101系だなんて、地元の人にゃ関係ないんでしょうね。

秩父鉄道、今度ゆっくり乗りに来なければ。
posted by なま at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

深夜営業

2010-12-16 23.47.02.jpg

さてさて、ここのところすっかり仕事を溜めこんでしまい
深夜営業のナマです。

先日飲んだ知り合いの取締役さんが
「ダイエットしてます!21時以降は食べないのです!」
と言って4キロ痩せたと自慢してたので
今日は21時以降なんも食べてません。

食べてないから精神的に不健康です・・・なのでナマログ更新してます。
忙しいかリア充?かだと更新されないナマログなのでしょうか。

「何かがおかしい何かが、あなたのようになりたいが
 会社とはなんだ人生とはなんだ〜♪」

ヒゲとボインのフレーズですね。

ギリギリまでテンパってないからこんな事頭をよぎるのでしょう。

さ、もうちっと仕事して帰ろう・・・

posted by なま at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

愛犬。

2010-12-02 09.16.20.jpg

我が家の愛犬アイン君
今日もひとのメシ食う姿を観察しています

なんかくわせろ。

万国共通のイヌの表情といいますか。

ま、両親のいい遊び相手になっているようなのでいいかなと。


ハイランドのなま家で一番長生きしたりしてね、こいつが。
posted by なま at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

カラオケGIG

2010-11-27 19.51.39.jpg

今日は毎年恒例のカラオケ大会。
某ライブのセットリストを歌い切ります。

ってか7時に集合して飲み屋にもいかずまっすぐカラオケ屋ってどうなの?!

ま、土曜の夜にはベストな選択ですかね。

posted by なま at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

洗車

2010-11-26 12.27.58.jpg

二代目、8月に来てから数える程しか洗ってません。
それも、濡れ雑巾で拭くだけ。

もっと大事にしてやんないとなぁ・・・なんて思ったりしても
きっと洗いませんね。

次回はいつだろうか・・・
posted by なま at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

昼飯

2010-11-19 11.49.04.jpg

今日はお休みです。
が、一日使える日がもう今日しかないので
お客さんと現場調査に同行してます。

この後藤沢へ行くのですが
行ってからご飯ではびみょーな時間帯なので、ここ溝の口で昼飯です。

お子様っぽい感じがいいでしょ?

なんか得した気分なんです。

でも、旗はいらねぇなぁ・・・

posted by なま at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

タタキ

2010-11-08 22.39.02.jpg

市内某所にて

松輪サバのタタキ

タタキ、おれ食えるじゃん。

あー、負けた気分。

バヤはこの店、まだ来てるのかなぁ・・・

posted by なま at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

ハマ横丁

2010-11-07 20.34.46.jpg

なんか最近飲んだ記事ばかりですが・・・

で、久々のイ○コ会は鶴屋町のハマ横丁

なぜ、東村山のM博の方が横浜に詳しいのでしょうか。
いい加減神奈川に帰化してもいいのではないでしょうか。

写真は「本牧四角いピザ」だそうで。
なぜ本牧かは若輩者の私にはわからないが
あぶないピザ、だそうです。おいしかったでつ。

他にもナポリタンにチーズのせたピザ風味とか。
なまキラーなメニューばかり。通ったら間違いなく太るわ。

ま、とにかくだ。

次回もココという話で解散。
彼らの近況を聞けてよかったよ。
ってか、いい加減落ち着け。おまいら。

って、俺もか?無理だろうなぁ・・・

posted by なま at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

赤ザリガニ

2010-11-05 20.22.47.jpg

ばっくり、行っちゃってますね。

はい、巷にはびこる「れっどろぶすたー」に発潜入してきました。
なんでカニキライななま氏がこんなところに、と?

だってこれ、海老系じゃねーの?と言う訳で
場合によっては断れない事もあるのです。

で、初体験のエビカニの味は・・・正直微妙。
海老というよりはカニの味です。ってザリガニだもんなそうだよな。

「大丈夫大丈夫!」と言っていた顔が一瞬のうちに「これ、俺無理」って顔に変わったそうです。

次回があるのならば、10k円のザリガニコースはやめてアラカルトにしようと思います。

posted by なま at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

生。

2010-11-03 13.33.03.jpg

生ビール
生春巻き
生ハム
生キャラメル
生パスタ
生麦・生米・生卵
生足・生○しetc

いろいろ生にもありますが
この生は「生信玄餅」です。

どちらかと言えば高速SA・駅売店などでメジャーな桔梗屋さんではなく
北杜市の小さな町工場的な金精軒で作ってます。

これ、めちゃウマいっす。
でも、当然ですが山梨県内3店舗でしか売ってません。
普通のは探せばどこかで出てくるのですけどね。

やわらかくって美味しいのです。
また食べに行こうっと。

posted by なま at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。